良いマンション管理会社を見抜こう|マンション投資の基礎知識

空室リスクを解消できる契約方法

不動産の案内

不動産の管理契約にはサブリース契約があります。サブリースは通常の契約方法に比べて様々なメリットがあります。色々な契約方法を知っていると、不動産投資を行なう際の選択肢も増加します。不動産投資を行なう際には、基本的な知識を身につけることはとても重要になります。知らないだけで損をしてしまわないように、契約方法に関する知識は身につけるようにしましょう。サブリースについて簡単に説明します。サブリース契約は、オーナーが所有する不動産を管理会社が借り上げ、管理会社が空室リスクを負って入居者募集を行なう契約方法になります。オーナーとしては、月額家賃より少し低い金額での借り上げになるため、収益率は低下してしまうものの最も怖い空室リスクがなくなり安定した収益が見込めるというメリットがあります。次々と収益不動産を購入していこうと考えているオーナーにとっては事業計画が立てやすくなるため、有効な契約方法になるでしょう。また、サブリース契約は管理会社に物件を完全に丸投げすることが可能になるため、募集から管理までを完全に管理会社にお任せすることができます。管理会社が空室リスクを負担しているため、下手な対応を行ない入居者が出て行ってしまわないように一生懸命管理を行ってもらえるというメリットもあります。上手く使いこなすことができれば、物件オーナーとしてはプラス面の大きい契約方法であることは間違いないため、仕組みを理解して状況に応じて通常の契約と使い分けられるようにしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加