良いマンション管理会社を見抜こう|マンション投資の基礎知識

空室リスクを解消できる契約方法

不動産の案内

サブリース契約は空室リスクを不動産管理会社に負ってもらう契約方法になります。上手に活用すれば、オーナーにとってはメリットの大きい契約方法であるため、仕組みを理解して使いこなせるようにしましょう。

もっと見る

会社や担当者の差に注目

外観

不動産投資を行なっている収益マンションのオーナーの多くは、マンション管理会社に管理を委託しています。マンション管理会社と簡単にいっても、会社ごとでサービスは様々でレベルもバラバラです。全く同じ範囲の管理を依頼しても、仕事の質に差がでてしまい、マンションの収益力にも影響を与えてしまうことがあります。報告や相談一つとっても、詳細に分かりやすく報告してくれ、色々な提案をくれる会社もあれば、事務的な会計報告だけで終わりという会社もあります。不動産の管理を任せる会社によって、不動産投資の明暗が決まることも多いため、良いパートナーとなる会社を探すことはとても大切です。しかし、契約して実際に管理を任せてからでないと、そのマンション管理会社の実力を見抜くことはできないという現実もあります。どのマンション管理会社も最初のプレゼンではメリットを強調するため、契約前の段階ではほとんどの会社が魅力的に見えてしまうのです。そこで、ここではいくつかマンション管理会社を見分けるポイントを紹介します。まず、いい担当者についてもらえるかが重要になります。不動産関係の会社は担当者のレベルの差が激しいため、いい担当者を見わけることができれば大きな強みとなります。良い担当者かどうかを契約前に見分ける要素は、管理業務主任者の資格も持っているか・勤続年数は5年以上か・一人あたりの担当物件数が15以下かどうかを基準にします。こういった目に見える部分で担当者のレベルを見定め、最後に自分と性格があうかどうかで判断するといいでしょう。

家賃情報を集めよう

お金

家賃相場を知ることで、投資対象の不動産の将来にわたる収益力を予想することができます。インターネットの不動産サイトで調べるだけでなく、地域の不動産屋からも情報を集めることができれば投資で成功する確立は上がるでしょう。

もっと見る

駐車場運営を初めよう

パーキング

遊休資産になっている土地に駐車場を設置すれば、収益不動産に変貌させることができます。駐車場運営は、最も手間のかからない投資の一つであるため、土地を持っている人は検討してみましょう。

もっと見る

このエントリーをはてなブックマークに追加